【レビュー】Logicool Z407最速レビュー!その実力やいかに

4.5
ガジェット

ロジクールから2020年11月12日に発売された、サブウーファー付きスピーカー「Z407」。

ちょうどPC用スピーカーを探していたときに見つけました。1週間ほど使用したのでレビューを行いたいと思います。

ダイコーです。主にTwitterでPC組み立て代行を行ってます!
お問い合わせはこちら

内容物

Z407の内容物

内容物はこのようになっています。

  • サテライトスピーカー ×2
  • サブウーファー
  • ワイヤレスコントロールダイアル
  • スピーカースタンド
  • 3.5mmケーブル
  • 単4電池 ×2
  • 保証書、取扱説明書

それぞれ細かく見ていきましょう。

サテライトスピーカー ×2、サブウーファー

Z407の正面

Z407は二機のサテライトスピーカーとサブウーファーで構成されています。

スピーカーとサブウーファーの大きさ比較

比較用でティッシュの箱を置いてみました。割と大きいのがわかるでしょうか?

サブウーファーの背面

サブウーファーの裏側は「右スピーカー接続口」「左スピーカー接続口」「AUX端子」「USB MicroB接続口」「電源ケーブル」の構成となっています。

USB MicroBケーブルは付属していないので注意です。

ワイヤレスコントロールダイヤル

コントロールダイヤルはワイヤレス

Z407はワイヤレス接続のコントロールダイヤルが付属しています。

単4電池×2で駆動します。電池は付属しているので、すぐに使用可能です。

細かい使い方、使用感は後述します。

スピーカースタンド ×2

二つのスタンドが付属

スピーカースタンドが別でついてきます。

スピーカーが当たる部分はラバーになっているため、傷つく心配はありません。

二つのポジションに対応

このように、縦置きと横置きの2つのポジションに対応しています。

個人的にはこれがかなりありがたかったですね。それぞれのデスクスタイルに合わせてセッティングできるので、場所を選びにくいのが高ポイントです!

横置きの場合

横置きにすると納まりが良く、すっきりとした印象になりました。

縦置きの場合

縦置きにするとスピーカー部分が耳の高さに近づいたため、音がよく聞こえるのがよかったです。

現在は縦置きにして使用しています。

ちなみにスピーカーのケーブルは割と長く、取り回しがしやすい反面、ケーブルの管理には若干注意が必要です。

ワイヤレスコントロールダイヤルは機能が豊富

ワイヤレスコントロールダイヤルには様々な機能があり、非常に便利です。使い方をみてみましょう。

Bluetooth、AUX、USB MicroBの3種類の接続方法

Logicool Z407はBluetooth、AUX、USB (MicroB)の3種類の接続を行うことができます。

同時に多数の出力を流すことはできず、どの接続方法かを選んで使います。

裏側の接続切り替えボタン

切り替え方法は、コントロールダイヤルの裏側にあるボタンによって行います。

裏側にあるので若干 煩わしいかもしれませんが、ワンタップでBluetoothからAUX、USBに切り替えられるのはありがたいです。

左のボタンを押すとBluetooth接続、右のボタンでAUXとUSB接続の切り替えができます。

私はBluetoothにiPhone、AUXでPCに接続して使っていますが、音楽を流したい時にPCを起動しなくてもすぐにスピーカーから流せるため重宝しています!

また、右のボタンを長押しすることで、スピーカの設定(サブウーファー設定など)をリセットすることができます。

オーディオコントロール

コントロールダイヤルを調整することで、以下のような操作を行うことができます。

  • 一回押し込み:再生、停止
  • 二回押し込み:次へ
  • 三回押し込み:前へ
  • 右回転:音量を大きく
  • 左回転:音量を小さく
  • 3秒長押し:サブウーファー調節モードに切り替え

音量調整がイマイチ

このうち音量調整がイマイチだなと感じました。

コントロールダイヤルを回すと、マウスのホイールのように少し引っ掛かりながら回ります。

しかし回した時の感度があまり良くなく、直感的に音量を調整できませんでした。

また、音量最大の時に止まるわけではなく無限に回し続けられるため、今がどれくらいの音量なのかがわかりにくいです。

最大音量になると音が鳴るのですが、これではあまり意味がないのではないか?と思ってしまいました。

しかし使えないわけではないので、この機能も使っています。

音質のチェック

オーディオマニアではないため、細かい指摘はできませんのであしからず。

比較に使用した「BOSE COMPANION 20」

iMacで使用しているBOSE COMPANION20比較してみました。

価格としてはBOSE COMPANION20の方が3倍(約30000円)ほどですが、いかがでしょうか。

音質:サブウーファーのおかげで迫力あり、しかし強調しすぎずバランスも◎!

イマイチなポイントも少しありましたが、結果的に音質はとてもよかったです!

サブウーファーとスピーカーのバランスが良い

Logicool Z407は重低音の締まりはさることながら、音のバランスが非常に取れていると感じました。

変に目立つことなく、しかししっかりと迫力を出してくれる、まさに縁の下の力持ちといったところでしょうか。

BOSE COMPANION20も高音、中音、低音域の調和が非常に良いのですが、サブウーファーがないので迫力という面においてはLogicool Z407に軍配が上がりました。

また、以前使っていたBOSE COMPANION 3 はスピーカーが非常に小さく、かつサブウーファーが巨大でした。

そのせいで高音、中音域に伸びがなく、無駄に重低音だけが目立ってしまっていました。

それだけでなく重低音には締まりがなく、聴いていて気分が悪くなってしまったほどです。

Logicool Z407はスピーカー部分の大きさが十分あるため、そのような心配もありません。

重低音が強めなのが好きな私は、個人的にLogicool Z407の音の方が好きでした!

ホワイトノイズがやや大きめ

ロジクール Z407は無音状態でもわずかに「サー」というようなホワイトノイズがありました。

少しでも音が発生していると気にならないのですが、無音状態だとほんの少し気になってしまいました。

BOSE COMPANION20は待機状態でもホワイトノイズが全くなく、さすがは高級スピーカーだなと見直すきっかけになりましたね…

少し話がそれますが、BOSE COMPANION20 は一定時間スピーカーからの出力がない場合、スタンバイモードに入ります。

そのため無駄な電力が発生せず、さらにホワイトノイズ対策も完璧ということです。

そのような機能はLogicool Z407にはありません。値段の差はこういった細かい差に出てくるんですね。

まとめ:価格以上の性能を持った良スピーカー

いかがだったでしょうか。Logicool Z407の良い点、微妙な点をまとめました。

Logicool Z407の良いところ

  • 重低音が効いているため迫力抜群、かつ音のバランスも良い
  • デスクのスタイルに合わせてセッティング可能
  • 3種類の接続方法がある
  • Bluetooth対応がGOOD
  • 音質に対し価格が安い

Logicool Z407は1万円以内のスピーカーの中ではかなり優秀な音質、機能を持つスピーカーだと思いました。

それぞれのスタイルに合わせた使い方ができ、迫力のあるサウンドを楽しみたい人に強くオススメです!

Logicool Z407の微妙なところ

  • 無音時のホワイトノイズが若干気になる
  • サブウーファーの配置が迷いどころ
  • コントロールダイヤルの音量調節感度が悪い

ホワイトノイズが鳴ってしまう点、コントロールダイヤルの音量調節機能がイマイチではありましたが、正直値段を考慮すると全然許容範囲でした。

あとは単純にサブウーファーが場所を取るので、置き場所に迷うかもしれません。

十分にスペースを取れない人はサブウーファーのないスピーカーを選ぶ必要がありますね。

Amazon.co.jp: ロジクール Bluetooth 2.1ch ワイヤレススピーカー Z407 PCスピーカー サブウーファー ワイヤレスコントローラー付属 最大80Wの没入感のあるサウンド 横置き可能 3.5mm入力 USB入力も可能 Windows/Mac/Chrome/iOS/Andoroid OS 国内正規品 2年間メーカー保証: 家電・カメラ
Amazon.co.jp: ロジクール Bluetooth 2.1ch ワイヤレススピーカー Z407 PCスピーカー サブウーファー ワイヤレスコントローラー付属 最大80Wの没入感のあるサウンド 横置き可能 3.5mm入力 USB入力も可能 Windows/Mac/Chrome/iOS/Andoroid OS 国内...


コメント

  1. […] 以前レビューしたスピーカーのLogicool Z407や、マウスのMX MASTER3と同じような仕上がりとなっており、最近のロジクールはシックなデザインをラインナップさせている印象です。 […]

タイトルとURLをコピーしました