自作PC

【初心者向け】ゲーミングpcを自作するのに必要なものは?PCの構成パーツを紹介(前編)

お久しぶりです、Jinです。

この記事では、パソコンの基礎知識である、PCのパーツ構成について解説します。

パーツのそれぞれの役割を知っておくことで、PCにトラブルが起きた時にも対処することができます。

  • pcの自作に必要なパーツを知りたい
  • pcパーツの役割を知りたい
  • PCの正体を知りたい

こんなことを考えている、そんなあなたがターゲットです。

自作PCをやりたい人に見てほしい内容ですが、既にゲーミングPCを持っている方も持っておいて損はない知識ですよ。

ちなみに今回は前半記事です。後編もあります。

それじゃ、やっていこう!

この記事でわかること

  • pc構成するものが何かがわかる
  • パーツのそれぞれの役割がわかる

Jinです。主にTwitterでPCのサポートを行ってます。
お仕事依頼はお問い合わせまで。

必要なパーツ一覧

ゲーミングPCを構成するパーツは以下の通り。

  • CPU
  • メモリ
  • グラフィックボード
  • ストレージ(SSD、HDD)
  • マザーボード
  • 電源ユニット
  • CPUクーラー
  • PCケース

この8つですね。 これらのパーツが組み合わさることでPCはできています。

引用:https://www.super-sentai-friends.com/topics/sentai28/

まさにデカレンジャーのように合体して動いています。通じるのかな...?

待ってくれ。一度に並べられても頭がパンクする。

ちょっと種類が多い?そうですよね。こんなの一発でわかる人はそういませんよ。安心してください。

コラム

ちなみに、CPU、CPUクーラー、マザーボード、メモリ、電源ユニットの5つが揃えば、とりあえずPCとして動かすことができます。

PCの「最小構成」と言われると、この5つのことを指します。

意外と大事な考え方だから、よかったら覚えて帰ってね♡

それぞれのパーツの役割

ここからは、それぞれのパーツの役割を見ていきましょう。

ただ暗記するよりも、情報をセットにしてあげると覚えやすいですね。

イメージしやすいように、PCパーツを「飲食店」で例えてみますね。

(イメージしやすさを優先するため、厳密には正しくない表現があるかもしれません。あらかじめご了承ください。)

cpu(必須パーツ)

CPUは「Central Processing Unit」の略で、日本語では「中央処理装置」と呼びます。

CPUはPCの頭脳

CPUの主な仕事は、さまざまな制御や演算を行うことです。 アプリケーションソフトからの命令を解釈して、それに応じた演算を行います。

CPUの性能は、「動作周波数」と「コア数(スレッド数)」によって概ね決まります。

そんなCPUはPCの頭脳とも言える存在です。彼の影響範囲はとても大きく、PCの性能を大きく左右するほど重要なパーツなんですね〜。

CPUは飲食店の「コックさん」

飲食店の厨房でいうと、CPUは調理するコックさんです。 お客さんからのオーダーを受けて、料理を作ります。

コックの腕前が良かったり人数が多いと、作業効率は上がり素早く料理を作ることができます。

ゲーミングPCにおいて、CPUは重要なパーツ

ゲーミングPCにおいて、どのCPUを使うかはとても重要な要素です。

簡単にいうと、 CPUの性能が良いほどゲームが快適にプレイできるようになります。

例えば、Core i3よりもCore i7の方が性能が高く*、i7を選ぶことでゲームを快適にプレイできるようになるんですね。

ただ予算との兼ね合いもありますので、自分がPCでやりたいことには、どの程度のCPUが必要なのかを見極めることが大切です。

補足: 「Core i3よりCore i7の方が性能が高い」というのは、同世代の場合を指します。 古いCore i7と新しいCore i3を比較すると、Core i3の方が性能が高い、という場合もあります。 詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

メモリ(必須パーツ)

メモリ(RAM)は日本語で主記憶装置と呼ばれます。

メモリはデータの一時保存場所

メモリの役割は、実行中のプログラムコードを一時的に保存しておくことです。

CPUとすぐにやりとりできるため、情報の通信速度がとても速いのが特徴です。

メモリには容量があります。

容量が大きいほどたくさんのデータを一時保存できるので、同時並行で作業を進められるようになります。(ココ大事!)

なお、メモリに置かれている情報は、電源を切って放電すると失われる(揮発する)ようになっています。

シャットダウンしたら忘れちゃうんですね〜。おちゃめ。

メモリは飲食店の「キッチン」

メモリは飲食店でいう、キッチンになりますね。

キッチンにおいている食材は、コック(CPU)がすぐに手にとり調理を開始することができます。(高速なデータ通信)

キッチンが広いと、多くの材料を広げることができるので、同時並行で調理を進めることができます。(大容量メモリ)

逆にキッチンが狭いと、どんなに凄腕のコックがたくさんいても、彼らはその力を発揮することはできないでしょう。

そしてキッチンの上の材料は、お店の営業が終了すると片付けられます。(情報の揮発性)

ゲーミングPCならとりあえず16GBにしよう

ゲーミングPCにおいて、メモリも重要な役割を果たします。

なぜなら、ゲームは作業領域の多くを占領してしまうからです。

人生ゲームで遊ぶときは机の上を占領しませんか?そんなイメージです。

なお、最近のPCでメジャーなのは8GB~32GBになりますが、ゲーミングPCには最低でも16GB用意してあげましょう。

グラフィックボード(ゲーミングPCには必須)

グラフィックボード(以下グラボ)は映像出力を行うパーツです。

グラボは映像出力のスペシャリスト(専門家)

グラボの役割は画面出力、動画再生を円滑に行うことです。

大事なのは、映像まわりを「「「円滑に」」」動かすというところですね。

CPUでも映像出力をすることができる場合がありますが、3D処理などの処理が得意ではありません。よわよわです。

そんなよわよわCPUに代わって、グラフィックボードが映像を映し、3D処理をやってくれるんですね。

グラボはゲーミングPCにおける最重要パーツ

ゲーミングPCにおいては、グラフィックボードは最重要パーツの一つになります。

グラボがないと、正直ゲーミングPCとして成立しません。

ゲームの性能はグラフィックボードとCPUの二つで決まると言っても過言ではないでしょう。

ちなみに、ゲーミングPCの予算の4割ほどがグラボになることも少なくありません。

それほどゲーミングPCにおける、グラボの割合は高いのです。

グラボは飲食店の...盛り付け役?

これはちょっと飲食店では例えにくいですね...

無理やり例えるなら、めちゃくちゃ盛り付けが上手な専門スタッフでしょうか。

高級フレンチのようなお店なら、きっと盛り付け専門の人がいるのでしょう。(無知)

グラボについて詳しく知りたいかたへ

【概論】グラフィックボードとは?グラボの役割・性能・価格が丸わかり!」にて、

グラボの網羅的なお話をしています。

ストレージ(SSD、HDD)

ストレージは日本語で補助記憶装置と呼ばれます。

ストレージは情報保管センター

ストレージの役割は、情報の長期保存です。 USBメモリの親戚と思ってもらって大丈夫です。

みなさんがPCに何かを保存するときは、基本的にストレージに保存することになります。

写真やゲーム、OSもストレージに入ります。

ストレージに保存した情報は、電源を切っても消えてしまうことはありません。賢いですね。

その代わり、メモリほど高速通信はできないようになっています。

ストレージは飲食店の「冷蔵庫」

飲食店で例えると、冷蔵庫にあたりますね。

冷蔵庫には必要な食材を入れておくことができます。

必要になったときはキッチン(メモリ)に食材を並べます。

キッチンにおいている食材ほどすぐ手に取ることはできませんが、(低速通信)

食材を長期保存できるので、腐らせることはありません。(情報保存)

ゲーミングPCなら速度と容量を確保しよう

ゲーミングPCにおいては、「データの高速通信、および大容量」が求められます。

データの高速通信ができると、ゲームのロード時間が短縮されたりします。

そのため、ストレージには高速通信が可能な「SSD」を選ぶことをお勧めします。

ゲームはファイルのサイズが非常に大きく、ストレージを占有してしまいます。

ゲーミングPCでは、最低限500GBは欲しいですね。

マザーボード(必須パーツ)

マザーボードは、上記で説明してきたパーツを合体させる存在です。

まさにマザー(母なる)ボード(基板)なんですね。

マザーボードはパーツのドッキングステーション

そんなマザーボードの役割は、各パーツ同士の情報通信を可能にすることです。

マザーボードは飲食店の土地

飲食店で例えると、飲食店の土地になります。

飲食店は、土地があることで稼働することができます。設備やコックなど、飲食店の全ては土地の上で成り立っています。

ゲーミングPCでは優先度はちょい低め

ゲーミングPCにおいては、マザーボードは拡張性が鍵となります。

前半まとめ

この記事のポイント!

  • CPUは頭脳
  • メモリは作業場
  • グラボは映像のプロ
  • ストレージはデータ保管庫
  • マザーボードは全てを束ねる存在

少し長かったですね。お疲れ様でした。

各パーツを一言でまとめると、上記のようになります。

今回紹介したパーツは、どれもPCになくてはならない存在です。PCを組み立てるときは、優先的にこれらのパーツを選んでいます。

後編では、「電源ユニット」「CPUクーラー」「PCケース」について紹介していきます。

また、Jinがパーツ選びのポイントも解説します。次回もぜひ見てくださいね。

最後まで見てくれた、そんなあなたが大好きです。

このブログについて

このブログでは自作PC、ガジェットに関する情報を発信しています!

有益な情報をお届けできるよう、日々精進しております。

コメント、ご意見大歓迎です!気軽に残していってね。

PCの組み立て・サポートも行ってます。

PCの相談はツイッターお問い合わせにどうぞ。

ツイッターで相談する

PCの相談をする

-自作PC
-, ,