自作PC

4K 60fpsにおすすめ。コスパの高いグラボ・ゲーミングPCの選び方

お久しぶりです、Jinです。

この記事は一言で言うと

ゲームを4k60fpsで遊ぶために必要なPCスペックについて解説した記事

になります。

  • 4K 60fpsでゲームをプレイしたい!
  • だけどどんなPCを選んだらいいかわからない...

このようなことを考えているかたにおすすめの記事です。

前半では、ゲームを4k60fpsでプレイするために必要なグラボを紹介します。合わせてグラボの選び方や、中古グラボの考え方についても解説しているので必見です。

後半では、4k 60fpsで動作するゲーミングPCを解説します。自作PCについても触れるので、最後まで読んでもらえると嬉しいです。

それじゃ、やっていこう!

Jinです。主にTwitterで自作PCの制作代行を行ってます。
お仕事依頼はお問い合わせまで。

この記事でわかること

  • 4K 60fpsでゲームを遊ぶために必要なPCスペックがわかる
  • どのグラボ・PCを買えばいいかわかる
  • RTX3000番台の中古グラボを買ってはいけない理由がわかる

結論:RTX4070TiかRX7900XTが高コスパ

すみません、先に結論を言ってしまいます。

今4K 60fpsでゲームを楽しみたいと思っているなら、NVIDIA RTX 4070Ti」か「AMD RX 7900XTが高コスパでおすすめです。

簡単な違いとしてはこんな感じですね。

  • レイトレを使うならRTX 4070Tiが優勢
  • 4Kでより高いfpsを狙うなら、ビデオメモリが多いRX 7900XT

4k60fpsの美麗なゲーム体験を求めるなら、これらのグラボが今のところ最高の選択肢だと思います。どちらも優れたグラボなので、選んだあとの後悔も少ないはず。

4k 60fpsでゲームをプレイできるPCが欲しいなら、iiyama LEVEL-M77M-137F-UL2XでOKです。

iiyama PC LEVEL-M77M-137F-UL2X [Windows 11 Home]  | パソコン工房【公式通販】
iiyama PC LEVEL-M77M-137F-UL2X [Windows 11 Home] | パソコン工房【公式通販】

www.pc-koubou.jp

4k 60fpsの基準:サイバーパンクが遊べること

ここからが本題になります。

まず最初に理解しておきたいのは、ゲームによって要求スペックが大きく異なるということです。

"Minecraft"や"VALORANT"やなら低スペPCでも動くんですけど、"Apex Legends"や"FF15"ならそれなりの環境が必要になります。

今回は、"サイバーパンク2077"を基準に、4K60fpsを実現できるPCで考えていきます。このゲームは他に比べてPCにかかる負荷が強く、ある程度スペックが高いPCでないと遊べないくらい重いです。

逆に言えば、このゲームで60fpsを出せれば、他の多くのゲームも大丈夫ってわけですね。

コラム

海外では、低スペックで古いPCを「PotatoPC」と呼ぶらしい。

「Potato(ポテト)」で「鈍臭い」という意味。

4k 60fps対応!おすすめのグラフィックボード

早速4k60fpsでゲームをプレイする人向けのグラフィックボードを紹介します。もちろんCPUも大事ですが、4k60fpsを目指す上でより重要なのはグラボ選びです。

コスパで選ぶならRTX4070TiかRX7900XT

出典:https://www.techpowerup.com/review/asus-geforce-rtx-4070-ti-tuf/

はじめにもお伝えしましたが、4k60fpsでゲームを遊ぶなら費用対効果が高いRTX4070TiとRX7900XTがおすすめです。

  • RTX4070Tiの平均fps:99fps
  • RX4700XTの平均fps:110fps

ほとんどのゲームで、4k 最高画質で60fpsを維持できていることがわかります。

費用も13万円前後と、決して安くはありませんが手に届きやすい価格帯だと思います。

RTX4070tiとRX 7900xtのどちらがいいの?

という疑問に対しては、私のおすすめはRTX4070Tiです。両者甲乙つけがたいんですけどね。

基本スペックにおいてはRX 7900XTの方が上回っています。4k動作時だとその差は10%程度。価格差が5000円程度だと考えてもコスパは高いです。

多くの人はレイトレ機能を使うことなくPCを使用すると思いますので、そこまでRTXというネームにこだわらなくても良いように感じます。

しかし、RTX4070Tiの魅力は安定性です。グラボのドライバの完成度はNvidiaの方が優れていることが多く、大きな問題となることが少ないのは事実です。

また、CUDAコアの搭載やAI関連の処理速度などゲーム以外に何かやろうとした時、手広くサポートしているのはRTX4070Tiだと言えます。その他DSLLに対応しているなど...

これらより、個人的には初心者に安心しておすすめできるのはRTX4070Tiですね。

ただし、どっちを選んでもぶっちゃけOKです。悪いグラボじゃないので、最後はお好みで決めちゃってください。

より完璧で快適なプレイを求めるならRTX4080

出典:https://www.techpowerup.com/review/asus-geforce-rtx-4080-noctua-oc/9.html

上で紹介したグラボでも十分快適な4kゲームライフを楽しめるんですけど、まだ完璧ではありません。上のグラフではRTX4070TiやRX7900XTだと60fpsに一歩届かない数値となっています。

少しでもfpsを落としたくない、安定した動作を求めているなら、RTX4080以上をおすすめします。サイバーパンク最高画質でもほぼ60fpsを維持できます。

ちょっと注意ですが、RTX4080はRTX4070Tiと比べて7万円ほど高いです。1fpsあたりの単価も高いので、コスパはそこまで良いとはいえないのが事実です。以下テーブルから分かる通り、RTX4070Tiが1fpsあたり1276円なのに対し、RTX4080が1425円かかる計算になっています。

グラボコスパ(fps/円)
RTX 4070Ti/ ¥127,8001276円
RX 7900XT/ ¥132,8001232円
RTX 4080/ ¥171,8001425円
各グラボのコスパ表。1fps得るのに必要な金額をコスパと表現している。

なので予算に合わない場合は無理をしてRTX4080以上を選ばなくてもOKです。逆に言えばRX7900XTやRTX4070tiのコスパが良すぎるんですけどね。

4k 60fpsを実現するためのグラボの選び方

グラボを選ぶときに見ておくと良いポイントはビデオメモリの容量が12GB以上くらいでしょうか。

4K設定にするときの快適さは、ビデオメモリ(VRAM)の搭載量でだいぶ変わってきます。

例えばRTX4060Tiは、VRAM容量8GBのものが多く流通しています。WQHD画質までであれば健闘するんですけど、4kになると途端にパフォーマンスが下がってしまうんですよね。これはVRAM搭載量が4kでのプレイには足りていないことを意味しています。

中古3000番の旧世代は買うな

悩んでいる人
悩んでいる人

もしかしたら、1世代前のグラボって良い選択肢かも?

そう思われるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

確かにRTX3080や3090の中古市場に出回っていて、VRAMも12GB以上ある。そして安いことがあるんですけど、ぶっちゃけおすすめしません。

素直に今更3000番台を買う旨みがない

正直言って、今更RTX 3000番台を買う理由ってあんまりないんですよね。

新しく出たRTX 4070TiやRX7900XTのコスパが良すぎて、3000番台を過去の産物にしてしまいました。実際にスペック表を見てみても、RTX4070Tiが健闘しているのが分かります。

おまけに1fpsあたりの消費電力(ワットパフォーマンス)についても、4000番台が圧倒しているので、ますます購入する理由がなくなってしまいます。

安い中古はマイニングあがりで、壊れる可能性あり

また、中古で安い3000番台グラボに手を出すのはちょっと危険です。というのも、今出回っている3000番台のグラボの多くが、マイニングで使われてる可能性が高いんです。

簡単に言うと、マイニングは仮想通貨を生成するために計算処理をさせる作業なんですけど、この過程でグラボにはかなりの負荷がかかります。結果、寿命を縮めてしまうってわけです。

そんなマイニングですり減った状態のグラボを買ってしまうと、すぐに壊れる可能性が高まります。それなら最初から新世代に手を出した方がいいですよね。例えどんなにお得でも。

もちろん、そこのリスクも見越した上で中古グラボを購入するのはOK。あくまでも自己責任ですけどね。

4k60fpsが出るゲーミングPC

完成品のPCも紹介しておきます。

ぶっちゃけRTX4070TiかRX7900XTを搭載したゲーミングPCであれば大体OKですが、コスパが良さそうなものを選んでみました。

iiyama LEVEL-M77M-137F-UL2X

CPUCore i7 13700F
グラフィックボードRTX 4070 Ti
メモリDDR5 16GB
容量1TB SSD (NVMe Gen4)
価格249,800円

i7 13700FとRTX4070Tiを搭載したゲーミングPCです。少なくともこのPCで遊べないゲームはほぼないです。サイバーパンクは4k60fpsを達成できますし、レイトレーシングにも対応。死角がありません。

価格も249,800円(2024年1月時点)と、かなり抑えられているのもポイントが高いですね。

ただし、デフォルトではメモリが16GBであることには注意です。必要に応じてメモリやSSD容量を増量しましょう。

iiyama PC LEVEL-M77M-137F-UL2X [Windows 11 Home]  | パソコン工房【公式通販】
iiyama PC LEVEL-M77M-137F-UL2X [Windows 11 Home] | パソコン工房【公式通販】

www.pc-koubou.jp

iiyama LEVEL-R779-LC139-UL2X 

CPUCore i9 13900
グラフィックボードRTX 4070 Ti
メモリDDR5 32GB
容量1TB SSD (NVMe Gen4)
価格344,800円

より安定した動作を求めるならiiyama LEVEL-R779-LC139-UL2X がおすすめです。

CPUがi9 13900に強化されているため、配信にも余裕で耐えうるスペックとなっています。メモリもデフォルトで32GBなのも嬉しい。

他社ゲーミングPCだとi7 13700KF搭載で35万以上するものもザラにあるので、かなりコスパが高いモデルだと言えます。

はじめに紹介したゲーミングPCよりも、ケースがワンサイズアップしている点には注意。

iiyama PC LEVEL-R779-LC139-UL2X [Windows 11 Home]  | パソコン工房【公式通販】
iiyama PC LEVEL-R779-LC139-UL2X [Windows 11 Home] | パソコン工房【公式通販】

www.pc-koubou.jp

iiyama LEVEL-R779-LC147KF-VL5X

CPUCore i7 14700KF
グラフィックボードRTX 4080
メモリDDR5 32GB
容量1TB NVMeSSD [PCIe 4.0×4]
価格389,980円

4kでゲームを最大限楽しみたい方は、iiyama LEVEL-R779-LC137KF-VL2Xをおすすめしておきます。

RTX4080搭載で、4Kレイトレーシング設定にも耐えうるスペックです。なんでも快適に動きます。

水冷クーラーを搭載しているモデルなので、冷却不足の心配がないのがGOOD。ぶっちゃけカスタマイズ不要ですぐ遊べます。私も欲しい

iiyama PC LEVEL-R779-LC147KF-VL5X [Windows 11 Home]  | パソコン工房【公式通販】
iiyama PC LEVEL-R779-LC147KF-VL5X [Windows 11 Home] | パソコン工房【公式通販】

www.pc-koubou.jp

4k60fpsが出る自作PCパーツ

実はPCって自作もできるんです。4k 60fpsで遊べるPCを組み立てるための自作PCパーツも紹介しますね。

PCを自作するメリットだけざっくり伝えると、こんな感じです。

  • 市販品より安く組める(かも)
  • パーツのカスタマイズし放題

分類 パーツ名 価格(2024 5/10時点)
CPU i7 13700KF ¥60,980
グラフィックボード NVIDIA GeForce RTX4070Ti ¥140,202
メモリ DDR5 32GB ¥14,244
SSD M.2 SSD 1TB ¥14,050
マザーボード B760 GAMING PLUS WIFI DDR5 ¥18,928
電源 850W Gold ¥14,169
PCケース NZXT H5 Flow ¥14,444
CPUクーラー Cooler Master MasterLiquid 240L ¥11,600
OS Windows 11 Home ¥12,500
合計 ¥301,117
こちらのリンクから、一括で確認できます。
  • i7 13700KF
  • RTX4070Ti
  • メモリ32GB
  • 水冷CPUクーラー
  • Wi-Fi、Bluetoothあり

という、個人的に押さえておきたいツボを全て押さえた構成にしてみました。

市販品でここまでこだわろうとすると、意外と痒いところに手が届かないんですよね。しかも高くなる。そんな時はPCを自作してみるのも一つの選択肢です。

まとめ:RTX4070TiかRX7900XTで快適な4Kゲームライフを

この記事のポイント!

  • 4k60fpsでゲームを遊ぶならRTX4070TiかRX7900XTでOK
  • VRAM12GB以上のグラボがおすすめ
  • BTOでカスタマイズ性が足りないなら自作PCもあり

さて、締めに入ります。

今回の記事では、4k60fpsで遊ぶためのグラボとゲーミングPCを紹介しました。

RTX4070TiかRX7900XTを選んでおけば、大体のゲームは4k 60fpsで遊ぶことができます。もしくはそれらが搭載されたゲーミングPCですね。

トラブルを少なく抑えたいならRTX4070Ti、よりfpsを伸ばしたいならRX7900XT、さらに上のスペックを求めるならRTX4080以上を選ぶといい感じです。

また、自分に合ったゲーミングPCが見つからない場合は、自作してみるのも1つの手段です。大変なところもあると思うんですけど、めちゃくちゃ楽しいですよ〜!

最後まで読んでくれた、そんなあなたが大好きです。

  • この記事を書いた人

じん

自作PC組み立ての代行をやってます。 チェンソーマンとDr.Stoneが好き。

-自作PC